遺体清掃やゴミ屋敷の掃除などは特殊清掃です

幅広い仕事

女性

仕事の幅も広く、日常的な事であればほとんど対応してくれるのが便利屋という仕事です。高齢者の増加に伴い、こうした便利屋業者が増えて、依頼も増えていくのではないかと思われています。

Read More..

特殊清掃業とは

男の人

通常清掃業は公共施設や家庭、ビルなどさまざまな場所で清掃をする業務を行います。その中の一形態として特殊清掃があります。 特殊清掃が一般の清掃業と違っている点としては、特殊清掃業が担当して清掃を行う場所は遺体発見現場を主としていることです。特に、変死体及び死亡から時間が経過して腐敗が進んだ遺体の現場を清掃する場合に原状回復を行うのが特殊清掃の役目です。腐敗が進んだ遺体の場合にはエンバーミングを行うこともあります。 全国に特殊清掃を行う人は1,500名となっています。孤立死の発生件数は増加傾向にありますが、仕事の内容からあまり増えない傾向にあります。ただし、遺族やオーナーなどから高く感謝されやすいというメリットもありやりがいのある仕事ともいえます。

特殊清掃は個人で行うのはあまり一般的ではありません。 血液専門の洗剤やトイレ用洗剤などには配慮する必要があります。また、遺体の血液や部屋の状況によってトラブルが起こった場合に感染症を起こすリスクもないとはいえません。夏の時期はコバエや暑さ、また臭いに苦慮したりもします。ですので、企業または団体がチームとなり遺体清掃を行うのが一般的です。特殊清掃サービスを希望するにあたっても専門に取り扱う企業または団体に依頼するのが確実といえます。 特殊清掃を利用する際の料金については床の清掃が約3万円、浴室清掃が約5万円となっています。さらに消臭剤を散布する必要はあり約1万円ほどかかります。清掃業務の人にあてる人件費も約2万円ほどかかります。 料金的には一定の料金はかかりますが、清掃業務の人も決して見返りがそれほど多いというわけでもない業務です。 できればサービス利用をする機会がないほうがいいですがそれでももしも利用することになった場合は特殊清掃員の方に感謝の気持ちを持って接しておくとよいです。その他の特殊清掃でゴミ屋敷の掃除が当てはまります。ゴミ屋敷が原因で近隣住民が生活しにくくなっていることがあり、その場合は強制的にゴミ屋敷の掃除を行なう場合があるのです。

メンドウなゴミ処分

袋とトラックの模型

業者によっては、ゴミ処分のサービスも行なってくれる家事代行も存在しています。再収納や処分の助言といったことまで行ない、これからの生活のためにも役に立つサービスになっています。

Read More..

生活を守る

レディ

家事代行業者というのは、多くの需要がある為に、全国各地にあります。増える利用者の中には高齢者が最も多いでしょう。家事代行サービスを受けることで、生活バランスを守ることが出来るのです。身近で探すことは容易です。

Read More..